IssueHunt

IssueHunt

オープンソースのバグ修正をクラウドソーシング的に依頼できるプラットフォーム

「IssueHunt」は、オープンソースのバグ修正を依頼できるプラットフォームです。

オープンソース開発者は、自信が管理しているGitHub上のレポジトリをIssueHunt上にインポートし、バグ報告をあげて、他のユーザにバグ修正を依頼できる。バグ修正に対応してくれたユーザに、報奨金の設定ができる。

報奨金付きのイシューに貢献してユーザがプルリクエストをして、コードレビューを経てその変更が反映されると報奨金がもらえる。金額のうち10%を運営元が手数料として受け取り、20%をリポジトリのオーナーが受け取り、残りの額をコントリビューターが受け取ることができる。

リリースして半年ほどだが、2018年12月時点で既に150ヶ国以上のユーザが利用している。

関連リンク

サービスページへ移動する

  • braitom

    GitHubに上がったIssueに対して投げ銭できるサービス。

  • ぽこひで(@pokohide) - Web Developer

    OSSのISSUE単位で報奨金の設定や修正依頼を出せるのは面白い。日本初のサービスだけど海外に受け入れられてそうだし、サイト綺麗だし、GitHub上のOSSへの貢献度が金額というまた別の指標で評価される感じ、コントリビューターにとっては金額以上に嬉しそう

    いいね! (0)返信する約1年前
    • Itisango

      GitHubだけでなく #GitLab やBitBucketにも対応してほしい。

    • pmint

      「クラウドファンディング」と言ってるけど、ここに登録する人と、お金を出す人が異なるとクラウドソーシングっぽくなる。/ まずは自社製品で、後で誰でも使えるように。ゆくゆくはマイクロソフトに買収されるのか。

    • nagayama

      OSSのissueにfundできるのおもしろいなー